整体師として活動をするためには、やはり資格を取得をしておいたほうがいいでしょう。

健康サポート!整体師・栄養士になろう

整体師の資格

もし整体師として活動をするためには、基本的には資格があったほうがいいといえます。
整体師の資格ですが、いわゆる民間資格というものに該当をします。
民間資格とは、民間の団体や企業、学校といったところが主催をして、試験を実施している資格のことを言います。
しかし民間資格といっても、一般的には、文部科学省もしくは経済産業省といった国の官庁が認定をしているので、資格取得をしている価値は高いです。

医者のような国家資格の場合、業務独占といって、免許がないと、医者として活動をすることは許されません。
しかし整体師の場合、そのような業務独占は認められていません。
ですから、別に資格がなくても、整体師と名乗って、業務をすることができます。
ただし一般的には、スクールに通って基本を学び、資格を取得して、実際に就職をするといったところが基本線となります。
もし整体師として活動をするためには、医学的なことも理解しておかないといけないので、やはり免許を持っておく必要があるでしょう。


Copyright (C)2014健康サポート!整体師・栄養士になろう.All rights reserved.